本文へスキップ

翻訳ならグローバル・ビレッジ名古屋

英語学習Essay Reading

夕焼けを眺めながら人生を楽しんでいます

2016年5月8日

エッセイで学ぶ英語第五弾。下のほうに英文エッセイと訳文、それに語彙文法解説があります。

カズオ・イシグロの『日の名残り』を2011年に読んで以来、それまで受け入れられなかったことが受け入れられるようになりました。夕暮れどきが一日のなかでもっとも美しいと思うようにあらゆることも同じように受け入れたいものです。

The business trip of a Metropolitan governor has caused controversy, but it is a “so what?” topic. I would rather go visit a museum to appreciate fine arts than being driven by ressentiment. I think those who have been driven by ressentiment appear to look for reasons to get angry.

business trip  出張

Metropolitan governor  都知事

cause controversy  論争を引き起こす、物議をかもしだす

so what?  で、どうした? だからどうなの?

would rather ~than ・・・  ・・・するよりも~したほうがよい

ressentiment  ルサンチマン

appear to  ~のように見える( seem toに近い意味)

某都知事の豪遊が問題になっているそうですが、で、どうした?レベルの話ですよ。そんなことにルサンチマンを煮えたぎらせる暇があったら、美術館で美しい絵画を鑑賞していたほうがマシです。思うに、憤っている人は憤る理由が欲しいだけなんじゃないかな。

You feel better if you divide things into two groups: 1) things that you can control and 2) ones that you cannot. We cannot change the behaviors of others and economy, but we can enjoy our lives when we pay attention to our behaviors and our ways of thinking that we can change on our own. You don’t feel helpless as long as you keep controlling yourself and focus what you can change on your own.

divide ~into ・・・  ~を・・・に分ける

behavior  態度

feel helpless  無力感に苛まれる

as long as  ~しさえすれば

on your own  自分で、自分の力で

自分の力でコントロールできるものとできないものを分けて考えるとイライラせずにすみますよ。ほかの人の行動や経済状況などは自分で変えることができないですが、自分の態度や考え方など自分で変えられることに目を向ければ自分の人生が楽しめます。自分をコントロールし自分の力で変えられることに焦点を当てさえすれば無力感に苛まれずにすみます。

Even if we see the sun set, we don’t feel irritated if we grasp the whole situation. As an elderly butler recollects his life in The Remains of the Day written by Kazuo Ishiguro, we would be able to enjoy our lives better if we could think dusk is the most beautiful moment in a day.

grasp  はっきりと理解する

butler  執事

recollect  ~を回想する

would  (控えめに)~じゃないですかね、~と思うのですが

could  (控えめに)もし~できたら  

dusk  夕焼け

たとえ太陽が沈みゆくのを見ていても全体像を把握していればイライラすることなく、カズオ・イシグロの『日の名残り』の老執事が自分の人生を回想するように、夕暮れが一日のなかでもっとも美しいときだと思えるようになったら人生がより楽しめるんじゃないですかね。

参考文献

Courrier Japon 「古代ギリシャの哲学者が教える「現代のビジネスに生かせる珠玉の知恵」」

カズオ・イシグロ 『日の名残り』ハヤカワepi文庫(2001)

大芦治 『無気力なのにはワケがある』NHK出版(2013)

波多野誼余夫 稲垣佳世子 『無気力の心理学』中公新書(1981)

このエントリーをはてなブックマークに追加