本文へスキップ

翻訳ならグローバル・ビレッジ名古屋

英語学習Essay Reading

欠落と回復の物語と強みを活かす戦略

2016年5月28日

エッセイで学ぶ英語第7弾。下のほうに英文エッセイと訳文、それに語彙文法解説があります。

岡田斗司夫さんのメルマガを読んでいて、自分にないことを嘆くより自分になることを最大限に活かしたほうがよいということが語られていて興味深く読んでしまいました。成果を上げるためにはなにをすべきなのかざっくりわかって勉強になりました。

I read the interesting perspective of Toshio Okada in his e-mail magazine. He writes people would rather make the most of what they have to tackle problems with ingenuity used than think that they can’t make things done because they have something lacking. I think this perspective changes a fundamental thing in a human behavior, which makes me think of various things.

would rather A than B   BするよりむしろAしたほうがよい

make the most of   最大限に活用する

tackle problems  問題を解決する

ingenuity  創意工夫   

perspective   考え方 ものの見方

岡田斗司夫さんがメルマガで面白い指摘をしているのを読みました。自分になにか足りないから上手くいかないと考えず、自分が持っている能力を総動員して創意工夫しながら問題解決しようとしたほうが上手くいくとのこと。根本的なところから人の行動をかえる指摘で、さまざまな考えをめぐらせてしまいました。

According to “The Method To Create Young-adult Fictions” written by Eiji Otuka, Alan Dundes, American folklorist, did a research on the folklores of American indigenous people, who used to be called as “Indians”, and found out the folklores have a set of “lack” and “retrieval”. That is, water is lacking because it doesn’t rain, so somebody makes rain happen. Such a story is created based on this process.

folklorist  民俗      

do a research on  ~について研究する

folklores  民話

indigenous people  先住民    

lack and retrieval   欠落と回復

makes rain happen  雨を降らせ        

based on   ~に基いて

大塚英志さんの『キャラクター小説の作り方』によれば、アメリカの民俗学者アラン・ダンデスがかつてインディアンと呼ばれたアメリカ先住民の民話を調査したところ、先住民族の民話は「欠落」と「欠落の回復」の対をなしていることがわかりました。雨が降らないから水がなく、だから雨を降らすという過程に物語が成立する、と。

A main character makes up for something lacking. This is the typical folklore pattern of American indigenous people. In any story those who are satisfied with no lack don’t make a journey but insufficient people start his journey. The pattern of American indigenous folklores is applied to Hollywood movies as well, and in daily life the objective of people may be to make up for something lacking within.

make a journey  旅に出る

as well   ~も 文末の,tooと同じ。

objective  目的

make up for  ~を補う

主人公は欠落したものを「回復」する人物で、それが先住民族の典型的な民話パターンです。物語においてすべてが満たされている人が旅に出るわけでなく、なにかが欠けていて欠落していることを「回復」するために冒険に出ます。先住民族の物語のパターンはハリウッド映画にも当てはまり、人は欠落を「回復」することが目的なのかもしれません。

That people ask for something lacking is a human behavior, and businesses make stories to make up for something lacking, too. People with a business sense create stories tactfully. If you can make the most of what you have now to solve problems and create lack-and-retrieval stories at the same time, you will be the winner of 21st century.

that  ~ということ(名詞節)<that S + V is ~.>で「SがVするというのは~です。」

with a business sense  ビジネスセンスのある

tactfully  巧みに     

at the same time   ~と同時に

自分に足りないものを求めることが人の行動原理で、ビジネスもまた欠落を「回復」する物語を紡いでいます。ビジネスセンスのある人は巧みに物語を作ります。いま自分にあるものを最大限に使って問題を解決し欠落を「回復」する物語を紡ぎ出せれば、21世紀の勝ち組になれるかもしれませんよ。

参考文献

岡田斗司夫の毎日メルマガ~解決!ズバッと

大塚英志『キャラクター小説の作り方』講談社 (2013)

このエントリーをはてなブックマークに追加