本文へスキップ

翻訳ならグローバル・ビレッジ名古屋

英語学習Essay Reading

日本に帰国してから苦労するのは日本語

2016年6月1日
Next

エッセイで学ぶ英語第8弾。下のほうに英文エッセイと訳文、それに語彙文法解説があります。

日本に帰ってきてからさまざまな苦労をしていますが、いちばん苦労しているのは会話です。海外経験者ならあるあるネタすぎるほどの鉄板ネタです。

When people go abroad, they usually experience culture shock, but strange as it may sound, some people experience culture shock when they get home back from other countries. I have found it hard to communicate with other people in Japanese. In Japan I am likely to get scolded when I don’t sympathize and it is harder to sense non-verbal behaviors in a conversation than before I went to Canada. Talks in North America such as Canada and the U.S. consist of words and don’t pivot on sympathizing. North American people try to reach consensus through discussions.

strange as it may sound  妙に聞こえるかもしれないが although it may sound strangeと同じ意味 <形容詞 as 主語+動詞> は<although 主語 +動詞+形容詞>と同じ。

find it hard to  ~するのは難しいと思う

be likely to  ~しがち

sympathize  共感する

non-verbal behaviors  言葉以外の振る舞い

consist of  ~からなる

pivot on  ~をベースとする ~を軸とする

reach consensus through discussions  会話を通じて合意の形成を図る

海外に行ったときにカルチャーショックは感じるものですが、海外から帰国したときもカルチャーショックを感じてしまうことがあります。日本に帰ってきてから苦労しているのは会話。共感しないと怒られてしまうし、言葉以外のノンバーバルな会話がわかりにくくてたいへんです。カナダやアメリカは話された言葉に基づき会話が成り立ち、かならずしも共感が軸になっていなくお互いの考えを話し合い合意の形成を図ります。

What strikes me when I talked with a Canadian friend of mine is that one antagonizes all the people if he keeps sympathizing with others against his will. Therefore, it is better to keep one persona when he talks. However, this talk culture is fatal in Japan because human relations are based on sympathizing here.

What strikes me is that 印象に残っていることは~です。

antagonize  ~を敵に回す

persona  人格

fatal  致命的

human relations  人間関係

カナダの友人と話していて印象に残っていることは、話すときに自分の意に反して相手に共感し続けると仕舞いには全員を敵に回すことになるから、話をするときはひとつの人格だけで話したほうがよいというアドバイス。ただ、共感が軸になって人間関係が成り立っている日本で同じことをやってしまうと致命的になってしまいます。

When I feel bothered most is when Japanese people ask me a “question”, and the question is not to ask me what opinion I have on an issue but to make me talk about something based on sympathizing with me understanding the theme of a conversation. This is an untold rule. For example, the following question is frequently asked after I went to Taiwan on vacation: “Is food in Taiwan delicious?” Because people expect us to say “Food in Taiwan is delicious” by asking, we have to answer based on sympathizing with them as they expect me to do so. Otherwise, they get upset.

When I feel bothered most is that  いちばん苦手なのは~です。

untold rule  暗黙のルール

いちばん苦手なのは話を振られるときで、話を振られるときは意見を求められているわけじゃなく、お題の趣旨を理解してお題に沿った話を共感を軸に話しなさいということが暗黙のルールです。例えば、台湾に行ったあと聞かれるよくある質問で、「台湾は食事美味しかった?」という振りは、聞き手が台湾料理は美味しいですよねという答えを期待して聞いていて、期待通りに共感して美味しかったという返事をして理由も答えないと怒られます。

North Americans consider a sincere attitude as virtue, but because Japanese people talk with themselves sympathizing with others, they think North Americans as rude.

consider A as B

think A as B

北米は裏表のない誠実な態度が美徳とされていますが、日本は共感が軸になっているため、北米人の態度は非常に失礼な態度と認識されてしまいます。

Japan has a unique rule in which people have to reply with themselves sympathizing with a question when they are asked, which, I think, is Japaneseness. Even if globalization makes countries one world, Japan will be kept intact on end with the sympathizing barrier standing high. If Japanese people didn’t have to sympathize in a conversation, the entire Japanese society and economy would change drastically.

Japaneseness  日本らしさ

make A B  AをBにする

keep intact  無傷のままでいる

on end  ずっと

振りに対して共感を軸にお題に添って答えなければいけないという大喜利のようなルールが日本のあらゆるところにあって、これが日本らしさでもあるんじゃないかなと思います。世界がグローバリズムにより一体化しても、日本に空気を読む文化が高くそびえ立ち、今後も日本は日本のままであり続けていくはずで、空気を読まなくても会話が成り立つようになったら、きっと日本社会も経済も大きく変わっていくことでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加