本文へスキップ

日本と海外の架け橋 グローバル・ビレッジ名古屋

英語学習English

【英語多読】対訳 Paid Breaks for Breast Feeding (授乳に有給を)(英テレグラフ紙)

2015年5月19日

女性の社会進出がアベノミクスのひとつの柱になっています。英テレグラフ紙に先進国の女性の社会進出についての記事がありました。本当の意味の女性の社会進出とは何かを知る手掛かりになると思いますので英語多読記事として紹介します。

原文はこちら。Change the law to give breastfeeding mothers paid breaks, parliamentary report says(法改正で授乳に有給を)(英テレグラフ紙)

英語多読教材のEnglish Paid breaks for breast feeding(授乳に有給を)はこちら。      

英語多読教材のJapanese 「授乳に有給を」はこちら。

The Japanese government is trying to promote women’s social advancement now. The Telegraph reports that what women’s social advancement really means in the U.K. I would like to tell you about a British attempt.

日本では政府をあげて女性の社会進が進められていますが、英テレグラフ紙に本当の女性の社会進出が意味することについて書かれていましたので紹介します。

Currently the British parliament is deliberating on the issue that whether child-rearing mothers should be given paid break for breast feeding their babies at working places. Reading British women’s social advancement, I was taken aback by the difference between Japan and the U.K in that politics assists the female to work after delivery.

現在イギリスでは議会で、子育て中の女性が職場で授乳する時間を有給にすべきかどうかが審議されています。イギリスの女性の社会進出を知って、政治が女性の社会進出を支援する姿がこれほどまで違うものかと驚きました。

All Party Parliament Group (APPG) in the British parliament proposes to revise a bill to make a room for women to breast feed their babies and create a place to keep a stock of milk so that women can work pleasantly.

イギリスの議会で超党派議員連盟が、育児をしている女性が働きやすいように職場に授乳をする場所とミルクをストックする場所を設置し、それに授乳時間を有給にするよう法律を改正するよう迫っているようです。

The reason why The APPG is proposing to revise the bill for women to be given paid break is because the rate of British women’s breast feeding is the lowest in the western nations and even if women come back to work after delivery, they find it hard to breast feed in spite of the fact that they want to. The APPG wants to change this situation.

超党派議員連盟が企業に女性が有給で授乳できるように法改正を求めている背景は、欧米諸国の中でイギリスの授乳率が最低で、出産後たとえ職場復帰をしても授乳しようにでもできない状況を変えるためだとか。

A controversial bill that was passed in the EU parliament also made the APPG try to revise the bill. The EU parliament asks for corporations to give child rearing mothers 2 hour paid breaks a day for breast feeding, but the bill may make corporations increase their cost, which brings women a disadvantage at work.

EU議会で議論を巻き起こした法案もまた超党派議員連盟が法改正しようとした理由です。EU議会が企業に求めたのは、育児中の女性に1日に2時間授乳時間を与えることですが、この法案によって企業のコスト増によって女性が逆に仕事で不利益を被る可能性も出てきます。

Not surprisingly the British business world is against the bill. They say revising the bill doesn’t solve the fundamental thing and employers should make an effort so that women coming back after delivery can work pleasantly.

もちろんイギリスの財界は反発していて、法改正は何の解決にもなっていなく雇用主は職場復帰した女性の要望に応えるよう努力するべきだと主張しています。

I think this is the real effort in the western nations that politics should tackle women’s social advancement. Politicians in the western nations are trying to support women who experience birth and child rearing at the same time that they hlep women work pleasantly.

これが先進諸国の掲げる「女性の社会進出」のほんとうの姿だと思います。女性が出産し育児をしながら働きやすい職場作りをしているのが欧米諸国の政治家。日本も本当の意味での女性の社会進出が実現してほしいものです。

I don’t go so far as to say that child rearing mothers should be given paid break for breast feeding in Japan, but if corporations create good working places so that mothers who experienced birth can work pleasantly, they could employ excellent employees.

日本でも授乳に有給をするまでとはいかなくても、妊娠出産を経験した女性が働きやすい職場作りをすれば、優秀な人材が獲得できるのかもしれませんよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加