本文へスキップ

日本と海外の架け橋 グローバル・ビレッジ名古屋

英語学習English

【英語多読】シュワルツネッガー、(ヘルメットを着用して)アイルビーバック(タイム紙より)

2015年3月26日

タイム紙に超有名人の興味深い記事がありましたので、内容を要約して英語多読記事にしました。 原文はこちら。Arnold Schwarzenegger Stopped in Australia for Riding Bike Without Helmet(アーノルド・シュワルツネッガー、オーストラリアでヘルメット未着用で自転車に乗り止められる)

英語多読教材の English I'll be buck, wearing a helmetはこちら。      

英語多読教材のJapanese「アイルビーバック」はこちら。

Rules in foreign countries are not always the same ones in Japan. And even if we ride on bicycles, we sometimes have to wear helmets. Otherwise, we have to pay a fine.

海外のルールは日本と違う場合があり、たとえ自転車に乗る場合でもヘルメットを着用していないと、罰金を払うことにもなることがあります。

In Singapore when we throw away chewing gum, we have to pay a fine. Today I would like to write about such a story.

シンガポールにはチューインガムのポイ捨ては罰金刑。今回はそんな話についてです。

A police officer saw a group of cyclists running one afternoon in Australia, and because he found one guy who did not wear a helmet, he intervened in the group as a routine. To his surprise the guy without a helmet was Arnold Schwarzenegger himself, Hollywood star.

オーストラリアのある昼下がり、自転車の一団が走っていくのを警察官が目にして、その中にヘルメットを着用していない大柄の男性がいたので、毎日のありふれた仕事で自転車の一団を遮って止めたところ、なんとその大柄の男性はハリウッドスターのアーノルド・シュワルツネッガーでした。

It is reported that Mr. Schwarzenegger was in Australia to attend the sports event “Arnold Classic” and Formula 1.

シュワルツネッガーは、スポーツイベントのAnorld Classicに参加しF1グランプリを観戦するためにメルボルンに来ていたそうです。?

In Japan the wearing of a helmet is not mandatory according to the Road Traffic Act, but it is necessary for people to wear helmets when they ride on bicycles according to a Victoria’s law in Australia.

日本では道路交通法で着用を義務付けられていませんが、オーストラリアのヴィクトリア州の州法では、自転車に乗る時はヘルメットが必要なんですね。

Fortunately the police officer made him pay a fine. Instead of paying a fine, Schwarzenegger was told to buy a helmet at a convenience store nearby, and he bought a less than 5 dollar helmet. It is not clear that Schwarzenegger said "I'll be back" wearing a helmet, but everyone, please wear a helmet when you ride on a bicycle in Australia.

幸運にも警察は反則切符を切らずに、近くのコンビニでヘルメットを買うよう促され、シュワルツネッガーさんは5ドル以下で購入したそうです。ヘルメットを着用して、「アイルビーバック」と言ったかどうかは定かではないのですが、皆さんもオーストラリアで自転車に乗るときは気をつけましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加